「介護付き有料老人ホーム」とは?

要介護の方向けの施設のうち、民間の施設の「介護付き有料老人ホーム」について解説しています。

介護付き有料老人ホームの大きな特徴は、設備や人員、運営などに関してある一定の基準のクリアしているという所にあります。都道府県もしくは市町村から認可を受ける必要があり、介護保険制度においては「特定施設入居者生活介護」という扱いになります。

指定された基準を満たす必要がある以外は自由であるため、サービス内容等は施設でまちまちという特徴があります。

費用としては、月額費用が10万円~50万円程度と、「住宅型有料老人ホーム」よりも若干高額になる傾向があります。入居金に関しては0円の所もありますが、最高で数億円もするような所もあります。高額な施設になるほど、ジムやプールと言った豪華な施設が併設されていたりします。

種類

介護を必要とする方を対象とした「介護専用型」と、介護の必要が無い自立した方でも入居できる「混合型」の2種類があります。

メリット

  • 介護が24時間体制
  • 看護師が日中常駐してくれる
  • 介護度に応じた定額制の料金となっている(介護度が変わらなければサービスの利用回数が変わっても費用は同じ)

デメリット

  • 介護サービスの利用度が少なくても、定額の料金は支払う必要がある
  • 在宅サービスは利用することができない